カスタマイズ可能なアイプリモで好みの結婚指輪を選ぼう

男の人と女の人

誕生石をあしらうことも

カップル

アームはプラチナが多い

日本では西洋式の挙式スタイルが人気が広まった1960年代頃から、プロポーズに際して男性が女性に贈る、愛を訴求するプレゼントとして婚約指輪が普及します。婚約指輪選びは男性が1人で行うケースと、プロポーズする女性と一緒に選ぶケースに分かれています。裸石とも呼ばれるルースには、婚約指輪ではダイヤモンドを選ぶのが一般的ですが、近年は婚約者の嗜好を取り入れることもあり、いろいろな宝石が選ばれています。花嫁の誕生石であったり、親から伝えられた指輪を用いることもあります。アームに関しては日本では圧倒的にプラチナを選ぶ人が多いのが特徴の1つです。しかし18金であるゴールドや、指が美しく見えるピンクゴールドなども人気が出ています。

ソリティアが定番の人気

3つのデザインタイプが婚約指輪にはあり、嗜好に応じて好きなものを選べます。タイプはソリティア、メレ、そしてパヴェです。この中でも定番の人気となっているのがソリティアです。ソリティアが人気の理由は、1粒ダイヤをもっとも美しく魅せることが可能なためです。立て爪と呼ばれる、センターストーンを留めるための爪がアームから伸びており、石の留め方次第で大きく印象を変えられます。婚約指輪ではダイヤがもっとも人気のある石です。このダイヤの色、透明度、カットをもっとも綺麗に引き立てることがソリティアならばできます。比較的高価な婚約指輪の場合、小粒ダイヤをアーム全面に埋め込んだ、パヴェも人気です。センターストーンとメレダイヤの対比が美しいのが特色です。